Home / Ripple Price Predictions / XRPに関する6つの迷信 (English translation follows) | Ripple
XRPに関する6つの迷信 (English translation follows) | Ripple

XRPに関する6つの迷信 (English translation follows) | Ripple

English Version

Ripple社はRipple Consensus Ledger (RCL)に固有のデジタル資産であるXRPについて、日々様々な質問を受けます。分散型台帳技術やデジタル資産、またコンセンサスの仕組みは非常に複雑なテーマであることをRipple社は認識しており、そのため、XRPが仕組みやグローバル金融システムにおけるXRPの価値についての質問等には常に積極的に回答しています。しかしながら、このところ、オンライン上でXRPに関しての誤った情報が散見され混乱を招いています。この場で、よく話題となる「6つの迷信」を取り上げ、なぜその迷信が間違っているかを説明します。

 

迷信1:Ripple Consensus Ledgerは中央集権型または許可制の台帳である。

 

許可制台帳では、ネットワークに参加するためには特定の中央管理者から許可を得る必要があります。それに対して、Rippleプロトコルは完全にオープンで、Ripple社やその他誰からの事前の許可を得る必要なくアクセスすることができます。中央集権型の台帳では、中央管理者が単一障害点となりますが、RCLは分散型であるため、Ripple社が参加するしないに関わらず機能するため単一障害点が存在しません。また、Ripple社は現在RCL上でバリデーターとして参加しているものの、全てのバリデーションを実行したり、バリデーションプロセス自体を管理している訳ではありません。マイクロソフト社やCGI社を含む様々な組織が取引のバリデーションに参加しています。Rippleネットワークは参加者のコンセンサスによって機能しています。参加者はどのバリデーターを使いたいかをいつでも選択することができます。つまり、バリデーションはRipple社ではなくネットワークへの参加者の手に委ねられています。

 

迷信2:Ripple社はXRPの総供給量を1000億以上に増やすことができる。

 

そもそもXRPの存在量を増やすことによる便益は全くありません。このようなことが起これば、ネットワークにおける信頼は破壊され、XRPは直ちに無価値になります。なぜなら、そのようなネットワークには誰も参加したがらないからです。さらに、Rippleコードはオープンソースであり、誰もが監査することができます。また、追加のXRPを発行するメソッド自体が存在しません。したがって、Ripple社が倫理的に行動することへの信頼にもとづいてネットワークが機能しているわけではなく、そもそもそのような信頼すら必要がない仕組みになっているのです。

 

迷信3:RippleがXRPの価格をコントロールしている。

 

Ripple社はXRPの価格をコントロールしていません。私達はXRPマーケットのインテグリティを非常に重要視しており、そのようなインテグリティを損なうことは行いません。XRPの安定性を向上させるために、Ripple社は流動性を高め、送金量を増やし、スプレッドのボラティリティを低減させるべく様々な施策をとっています。現在展開しているオフレジャー(台帳外)における流動性構築のための試みはまさにこれらの施策の一部です。また、Ripple社にとっても、長期的なXRPの価値を向上させることが自らのためにもなります。したがって、意図的にXRPの短期的な価格を操作するような行動は、Ripple社やXRPに対しての信頼を損なうことになり、全く無意味なことです。

 

迷信4:銀行はXRPを使わない。

 

XRPには明確な金融機関のユースケースが存在し、最終的にはブリッジ通貨としての重要な価値を有することになります。今後、XRPが価値トランスファーのメカニズムとして幅広く活用されることによって、XRPの価値は向上することになります。金融機関による大きい金額の送金を可能とするためには、XRPの価値は必然的に上昇する必要があります。私達の究極的なビジョンは、Rippleソリューションを通して、グローバルな銀行間のクロスボーダー送金にXRPを統合させることですが、それ以外にもXRPにとって建設的なユースケースやシナリオは数多く存在する、ということも重要なポイントです。

 

迷信5:流動性提供者がXRPを使うのはリスキーである。

 

私達は現在RCL外の複数の取引所でXRPをリスティングする最中にあります。これによりXRPへのアクセスはさらに拡大し、XRPがクロスボーダー送金において活用されるために必要な流動性が向上し、さらにマーケットのゲートウェイに対する依存度が減少することになります。加えて、私達はXRPの貸付制度を適格な市場参加者にまもなく提供する予定です。これにより流動性提供者はXRPを保有せずにXRPマーケットに完全に参加することが可能となります。

 

迷信6:XRPの価値はRipple社の会社としての価値に反比例する。Ripple社のプロダクトが銀行に採用されることは、XRPのデジタル資産としての成功には無関係である。

 

XRPの長期的価値は最終的にはクロスボーダー送金のメカニズムとして採用されることにより決まります。XRPはこのユースケースに非常に重要な性質を備えているものの、それは必ずしもRipple社のソフトウェアとの統合に依存するわけではありません。XRPはRipple社の成功に関わらず、独自に存在し繁栄することができます。いずれにせよ、Ripple社は、XRPが最終的には国際的な価値トランスファーにおける標準的なデジタル資産となるべく引き続き全力を尽くしていきます。

English translation:

Setting the record straight: 6 XRP myths debunked

 

From time to time, Ripple gets questions about XRP, the digital asset native to Ripple Consensus Ledger (RCL). Ripple recognizes that distributed ledger technologies, digital assets, and consensus mechanisms are all complex topics, and is always happy to answer questions about how XRP works and its value in the global financial system as a result. However, recently there has been some misguided information being disseminated online which merits substantial clarification.

 

Myth: Ripple Consensus Ledger is centralized or a permissioned ledger

 

A permissioned ledger requires permission from some authority for access. The Ripple protocol is completely open and anyone can access the Ripple network without prior approval by Ripple or anyone else. With respect to centralization, the counterparty of a centralized ledger acts as a single point of failure for the ledger. Because RCL is decentralized, it can function without the participation of Ripple. Additionally, while Ripple provides validation on RCL, we do not manage the validation process nor do we run all the validators. MSFT and CGI are just examples of institutions running validators and validating transactions on RCL. Lastly, the Ripple network operates by the consensus of its participants. These participants can at any time choose which validators they use. As such, validation is ultimately in the hands of the network participants, not Ripple.

 

Myth: Ripple can increase the total supply of XRP beyond 100,000,000,000

 

There is no benefit to increasing the amount of XRP. This would destroy trust in the network and immediately make XRP worthless as no one would choose such a network. Furthermore, the ripple code is open source and can be audited by anyone – and it doesn’t contain any method to create additional XRP. As a result trust in the good intentions of Ripple is not necessary.

 

Myth: Ripple controls of the price XRP

 

Ripple does not control the price of XRP. We take the integrity of the XRP market incredibly seriously and would never do anything to compromise that integrity. In order to strengthen stability of XRP, Ripple is working toward increasing liquidity, payments volume, and low spread volatility. Our current off ledger liquidity building efforts speak very clearly to these goals. Also, it’s in Ripple’s own interest to promote the long term value of XRP. As such, any attempt to intentionally influence the short term price of XRP is nonsensical as it would imperil trust in the company and the asset.

 

Myth: There’s no bank use case for XRP

 

XRP has a clear institutional use case and ultimately, considerable value as a bridge currency. Going forward, XRP’s use as a value transfer mechanism will increase its utility which could translate to an increase in its value. To facilitate larger notional transfers by financial institutions XRP will necessarily have to be worth more. It’s important to note that while our ultimate vision incorporates XRP into global bank cross border payments via our Ripple solution, there are myriad scenarios and uses which are constructive to XRP.

 

Myth: It’s risky for liquidity providers to use XRP

 

We are in the process of listing XRP on several non-RCL exchanges. This will expand access to XRP,  increase the liquidity needed for XRP to facilitate cross border payments, and will reduce the market’s dependence on gateways. Additionally, we will soon offer an XRP lending facility to qualified market participants. This allows liquidity providers to fully participate in XRP markets without necessarily having to own XRP.

 

Myth: The value of XRP is inversely proportional to the value of Ripple as a company – and Ripple’s traction with banks has nothing to do with XRP’s success as a digital asset

 

The long-term value of XRP will ultimately be driven by its adoption as a cross border value transfer mechanism. Though XRP has important attributes which make it particularly useful for this use case, these attributes do not ensure full integration with our enterprise software solution. Ultimately, XRP can be successful regardless of Ripple’s success. Either way, we continue to do everything we can to make sure XRP eventually becomes the digital asset standard for international value transfer.

Source link

Check Also

Korbit, IMF & Other Causes of XRP Price Crash

Korbit, IMF & Other Causes of XRP Price Crash

By Gaurav S. Iyer, IFC Published : January 22, 2018 At the highest of closing …